幼児期のピアノ

 

当教室では、先生ときちんとお話が出来て、保護者の手助けがなくても頑張れるお子さんにご入会いただいております。(レッスン時、保護者の方の同室は可能です)
 

推奨年齢 4歳~(年中)


また、レッスンを進めるにあたり、以下のことが出来ると望ましいです。

    •  数が数えられる、数字が読める
    •  ひらがなが読める、書ける

 
入会時に出来なくても、レッスンの中で覚えていけば大丈夫です。 
文字に興味を示さないお子さまや、まだ読めないお子さまのご自宅の練習は、保護者の方がご一緒に取り組んで下さい。
 
未就学児~小学校低学年くらいまでは、ひとりで練習をするのが難しいことが多いです。
どうぞご家族の皆さまにも、ピアノのレッスン内容に興味をお持ちいただき、一緒に楽しく取り組んでもらえればと思います。
先生はどんなことを言っていたかな?レッスンではどんなふうに弾いたのかな?など、あたたかいお声かけをお願いいたします。
 


 
「ピアノを弾く」ということは、単に指を動かして音を出しているというわけではありません。
 
特に当教室で指導している譜読しながらの演奏は、楽譜を見て、音の高さや長さ、リズムや強弱、そのほかにも様々な情報を脳に送り、指や手、腕や身体を適切に動かして鍵盤に触れ、音を鳴らし、そして出た音が正しいかどうか、美しい音が出ているかを聴き分けながら、それらを繰り返して音楽を奏でていくのです。良い音を出すためには正しい姿勢も大切です。
 
目や耳、そして指先だけでなく、手や腕、身体のいろいろな部分を使い、とても複雑なことを行っています。
小さな子供にとって、これらのたくさんの作業を同時に行うのは大変難しいことです。
 
まずはピアノを弾くのに必要な身体のいろいろな場所を意識的に動かす体操をしたり、お子さまの好きな色ぬりやシール貼りなどで音符を覚えたり、おうたやリズム遊びをしながら、ピアノを弾くための準備をしていきます。
 
いろいろな点が結びついたら、いよいよ本格的にピアノのレッスンが始まりますよ!
 
小さなお子さんのレッスンでも、おうちでの復習としての宿題が出されます。
レッスンした内容の復習になりますので特別難しいことはありません。
特にはじめのうちは、上手に・正しく出来ることよりも、毎日少しずつでも取り組み、習慣づけることが大切です。
ピアノに触れることが当たり前になること、そして音楽を浴びるようにたくさん聴くことは、これからのピアノの上達に欠かせないとても大切なことです。


 

4歳以下のお子さまの保護者の皆様へ

 
近年では、低年齢のうちから習い事をされているお子様が増えております。 
ピアノも大変人気な習い事のひとつで、小さなお子様のご入会に関するお問い合わせもたくさん頂戴しております。
 
幼児期のお子様のレッスン内容はひとつひとつが短く、飽きないものをたくさん取り入れるようにはしておりますが、4歳以下のお子様ですと途中で集中力が途切れてどうにもならなくなってしまうことが多いです。
さらには、マンツーマンの個人レッスンですので、お子さまの性格上、向き不向きがあります。ひとりのほうがのびのびと頑張れる子、お友達からの刺激を受けて伸びる子、いろいろなタイプのお子様がいらっしゃいます。
 
個人差はもちろんありますが、せっかく通ってくださる生徒さんたちにはきちんと指導を受けて楽しくピアノが弾けるようになってもらいたいとの思いから、レッスン開始の推奨年齢を設けております。
 
 
先生とのレッスンを始める前に、おうちでも出来ることがたくさんあります。

    •  音楽をたくさん聞く
    •  一緒にお歌を楽しむ
    •  音楽に合わせて自由に体を動かす(リトミック専門の教室もたくさんございます)
    •  コンサートに出かけて生演奏を聞く

 
教室で習う前にたくさん音楽に触れている子は、ピアノのレッスンもスムーズに進み、上達も早いことが多いです。
ご家庭で、そしてご家族の皆様で楽しく取り組んでいただきたく思います。 

レッスンカレンダー